Rina bin ich 

おむつなし育児アドバイザー 時々 ドイツ生活

ドイツで看護師を目指すアラフォー主婦の奮闘記 vol.1

f:id:rinabinich:20210520013008p:plain

2021年5月現在の近況

ドイツに来てからまず私の目標としてドイツ看護師の資格を取得すべく、いろいろと調べて動いてきました
現在2021年5月 在独5年目。もうすぐ40歳。

今やっとやっとやっと先がみえてきましたので、これまでの経過をずらずらと連載の形で綴っていこうとおもいます。

近況としては、
必要な書類はすべてお役所へ提出し終え、やっと返事がきました。
ここまでの役所での手続料は100€というのは誤算でしたが、しょうがない。
けっこうな時間を割いてくださったとおもい、すぐに支払いました。

いま、また今後の進み方について選択肢を与えられ、決めかねているところなのですが、、、

まぁまず、
ここまで まぁ長かった。。。 コロナの影響もありさらに待たされた感があります

どこから書いていいのかわかりませんが、すこしずつ経緯を覚書として書いていきたいです。
また、どなたかにお役にたてればいいな。

私はWB(バーデン ヴュルテンベルク)州に住んでいます。州によって手続きがバラバラなので、この州以外にお住いの方には役に立たない情報かもしれません。ご了承ください。
 情報はRegierungspräsidium というところで得られますよ。
検索ワード:Anerkennung Pflege Gesundheit 
  

Stuttgart はこちら↓ 外国人看護師など 保健関係の職業
rp.baden-wuerttemberg.de

ドイツで看護師になるには

ドイツで看護師資格を取るには、共通して3年間のAusbildung(看護師学校)を卒業するか、日本の国家資格とこちらの資格を照らし合わせて、足りない単元をドイツで補うか 二つの方法があります。
噂によると、日本人がドイツで日本の資格を認定してもらうと、だいたい6か月の追加研修で取れると聞いています。
私は看護師、保健師の日本国家資格があるので、気楽そうな認定という道をまず選択したわけです。

だが、、、、

これが甘かったぁぁぁ(いまになって思うのですが、ここであきらめる人多数なのがほんとうによくわかります)

まず、必要な語学力はB2レベル

想像以上に沢山の書類と、翻訳にかかるお金が必要で、ウゲー――っと頭パンクして禿げそうになるのですが
その前に一番に手を付けておかないといけないのが語学力
田舎で3人育児しながらというのは、けっこう大変でございました。

①長い戦いのはじまり~ドイツ語学習 第一期(駐在 A1,2まで)

看護師資格を取るには B2を取得しなければなりません。
私がドイツに来たときはまだA2レベルでした。

その前に一度、2013年 一年間の駐在でドイツに住んでいたので、ドイツ語レベル0からA2くらいまですすみました。
今よりもっと田舎だったので、近くに語学学校はなく(当時は私の車も自転車もなく、運転も危なすぎて禁止令がでていたので)会社が派遣してくれた家庭教師に来てもらいみっちり勉強しました。当時、次女は0才だったので授乳しながらの勉強 週3ペースでやっていました。
後半は3女を妊娠してしまったので、悪阻でけっこう過酷でしたが、私がドイツ語を勉強したいという熱意にこたえて先生はしっかり教えてくれました。
私に与えられた勉強時間は初め100時間だけでしたが、主人が途中でドイツ語勉強をあきらめたので、その余り分を私に勉強時間を分けてもらうことができ、トータル150時間(1時間45分)は受けられたんだと思います。
初めはなんせ、ドイツ語力ゼロでしたし、英語も殆どゼロだったから大変でしたよ。
駐在がおわり2年間は日本にいました。その間も、ふたたび渡独が決まった3か月前はドイツ語学習を再スタートしました。

②ドイツ語学習 第2期(A2/2の学校に入れるまで)

2016年8月 ふたたび渡独。
仮住まいからの引っ越し、子供たちの入園、入学で手いっぱいで 自分のことをする余裕なし
2017年5月ごろ やっと落ち着いてきたので重い腰を起こして語学力レベル試験を受けました。(申し込みは市役所で、もらえる書類もすべてドイツ語) 土曜日の午前中に筆記、午後に面接。

で、私は知識的にはB1クラスでも良いと言われたのですが、面接で言葉がなかなか出てこず 会話 Müntlich を鍛える必要があると指摘され、A2クラス判定されました。

ですが、さすが田舎。すぐに入れるクラスはないと言われてしまいまして、8月から始まるコースを勧められたわけです。

しかし まだ問題が。

3女が3歳以下でまだ幼稚園に入っていないので、子連れでは授業は受けられないといわれたのです。(注意:ほとんどの街では、預かり制 Kinderbetreuung があるようです)

ドイツの幼稚園についてさっと触れますと、満3歳になってから個々に入園するのです。つまり、日本では当たり前の入園式はありません。

3歳以下の子も入れるKitaはありますが、共働きでないと入れませんし、共働きしたくても入れる幼稚園がないという 飽和状態なのです。

うちの3女は8月生まれ。
9月から入園予定でちゃんと渡独してすぐの一年前から入園予約をしていたのでした。
でも、交渉したら、7月から入園できて、運よく私は8月から語学学校行けるかなと考えまして、7月入園にさせてもらえないかと園長に面談予約をいれてちゃんと交渉をしました(語学学校行く前なのによくドイツ語でいけたな自分!!!)
しかし、残念なことに幼稚園からはNO の返事

7月も夏休み前だから新規園児は受け入れておらず、9月にだいたい入園することになっているというのです。そっか、確かにそうだよねー。
7月はドイツは年度末ですもんね。

で、また市役所に行って8月には語学学校行けないって伝えたんです。
そしたら次は翌年2月と言われ、

ほんとうに泣く泣く待つことにしました。

それだけで、すでに約8か月のロス。当時からオンライン授業もありましたが、私はまだオンラインに苦手意識があったので選択肢には入らず。
私営の学校も街にはなかったので諦めました。→だって 語学学校が始まるのが8時半で 子供の学校と幼稚園を送ったらもうその時間。
長距離移動は不可能だったのです。
 
はい、まだまだ語学学校エピソードつづきます。